2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« アポイ岳 | トップページ | 襟裳岬 »

2013年6月18日 (火)

かに星雲

 かに星雲M1はおうし座にある。昔、望遠鏡で観測した人が、かにの足のようなフィラメント構造が見えたというので、かに星雲と名付けられた。このかに星雲、実は超新星爆発による残骸で、超新星が出現したのが1054年であることもわかっている。中国の古い書物にも記録があるし、日本でも藤原定家の「明月記」に記載されているのだ。爆発からしばらくは昼間でも見えたという。現在もガスは膨張を続け、精密な写真観測では形を変え続けているのがわかるほどだ。ミニボーグによるこの写真では、佐渡島にちょっと似ている。太陽系の近くに超新星が出現したらすごい光景になるだろう。映画「2010年」で木星が恒星「ルシファー」になるように。
2013年1月7日撮影 キャノンEOS60Da+ミニボーグ45EDⅡ+レデューサー0.85×DG、露出301秒

Img_0149

« アポイ岳 | トップページ | 襟裳岬 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かに星雲:

« アポイ岳 | トップページ | 襟裳岬 »