2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 日高山脈 | トップページ | 冬の星座 »

2013年6月21日 (金)

タカハシ・スペースボーイ赤道儀

 タカハシのスペースボーイ赤道儀は1985年発売、ぼくが買ったのは発売からちょっと経った頃だったと思う。それ以前はTS式40mm屈折赤道儀H型を持っていた。これも名機といわれたが、スペースボーイの方が使いやすそうだったので乗り換えた。スペースボーイは各部が分解できるシステム赤道儀で、極軸体をカメラ三脚に取り付けることもできる。ただ、ミニボーグなどで本格的に星雲星団銀河を撮影しようと思ったら、しっかりした三脚が必要だ。極軸望遠鏡はEM-200赤道儀などと同じ時角早見スケール入りで、極軸合わせはやりやすい。これにHD-4モータードライブをセットしてノータッチガイド撮影をしている。四半世紀前に買い、一度もオーバーホールをしていないにもかかわらず、動きはスムーズだ。すでに製造をやめたが、極軸体以外のパーツを持っていないので、もう一度製造してもらえないかなぁ、タカハシさん。

« 日高山脈 | トップページ | 冬の星座 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タカハシ・スペースボーイ赤道儀:

« 日高山脈 | トップページ | 冬の星座 »