2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« バラ星雲 | トップページ | ミニボーグ45EDⅡ »

2013年6月 5日 (水)

しし座の銀河群

 春の星空は、夏や冬のようなにぎやかさがなく、一見するとさびしい。しかし、春の星空には、実は珠玉のような天体が散りばめられている。太陽系は銀河系の中心から約3万光年離れた円盤上にあるが、春の星空は円盤の真上(北)方向に当たり、銀河系の星にさえぎられることなく遠くを見通すことができるので、外の銀河がたくさん見えるのだ。もちろん、非常に遠方にあるので、肉眼では見えないが、そうした銀河たちを捉えたときの感動は格別だ。ここにはしし座の銀河群が写っている。上から時計回りにNGC3628、M65、M66という番号が振られている。この「M(メシエ)」とか「NGC」は星雲星団銀河のカタログで、例えばアンドロメダ銀河はM31とNGC224という二つの番号が振られている。メシエカタログには約100個、NGCカタログにはなんと約7800個もの天体が登録されている。
2013年5月2日撮影 キャノンEOS60Da+ミニボーグ45EDⅡ+レデューサー0.85×DG、露出301秒

Img_0269

« バラ星雲 | トップページ | ミニボーグ45EDⅡ »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

心が和みますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しし座の銀河群:

« バラ星雲 | トップページ | ミニボーグ45EDⅡ »