2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 襟裳岬 | トップページ | ナウマン象発掘地 »

2013年6月19日 (水)

春の星座

 春の星座をシグマの対角線魚眼レンズで捉えてみた。右上から左下にかけてかに座、しし座、おとめ座が写っている。左上のちょっとごちゃっとしたところがかみのけ座だ。春の星空はさびしいとはいえ、写真ではこんなにたくさん星が写るので、星座の形をたどるのは難しいかも知れない。対角線魚眼レンズというのは広角レンズの一種で、対角線の画角が180度もある。一家に1本備えておくと大いに楽しみが広がると思う。これで撮影した夏の天の川は特に壮観だろう。今年の夏もこのブログのためせっせと撮影しようっと。対角線魚眼レンズで地上の風景を撮影すると、周辺の像は大きく歪む。これを利用するとおもしろい写真が撮れる。
2013年4月29日撮影 キャノンEOS60Da+シグマ15mm対角線魚眼レンズ、露出181秒

Img_0243

« 襟裳岬 | トップページ | ナウマン象発掘地 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の星座:

« 襟裳岬 | トップページ | ナウマン象発掘地 »