2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 中富良野 | トップページ | 美瑛 »

2013年6月29日 (土)

へール・ボップ彗星

 1997年4月に近日点を通過したへール・ボップ彗星は、最も明るいときにはシリウス並みの明るさになり、天文ファンを大いに喜ばせたばかりか、米国ではカルト宗教団体の集団自殺事件の引き金となるなど、世間一般にも大きな話題を提供した。地球や太陽にあまり接近しなかったにもかかわらず、ハレー彗星の3倍もある大型の彗星だったために、長期間にわたって見事な姿を見せた。この写真は、デジタルカメラ導入前、アサヒペンタックスSPで撮影したものだ。彗星の尾は白いダスト・テイルと青いイオン・テイルの2本あるが、へール・ボップ彗星は2本の尾がはっきりと分かれているのがわかる。今のデジタルカメラで撮影したら、もっとすごい写真が撮れただろう。今秋大彗星となると期待されているアイソン彗星は、へール・ボップ彗星の1/10くらいのサイズだが、太陽をかすめる軌道を通るため、非常に明るくなると考えられている。彗星は汚れた雪だるまのようなものなので、太陽に接近すると氷が溶けてちりと一緒に噴き出すのだ。まあとにかく今年最大の天文ショーになることは間違いない。
1997年3月9日?撮影 アサヒペンタックスSP+スーパータクマー50mm

Fh020007

« 中富良野 | トップページ | 美瑛 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へール・ボップ彗星:

« 中富良野 | トップページ | 美瑛 »