2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« アンドロメダ銀河 | トップページ | かに星雲 »

2013年6月17日 (月)

アポイ岳

 北海道様似町のアポイ岳は、高山植物で有名だが、地質学的に見ても非常に貴重な山だ。山全体がかんらん岩という岩石でできているのだが、かんらん岩というのは通常、地下深くのマントル上部に存在し、地表に露出している場所は世界的にも少ないらしい。日高山脈は西側のユーラシアプレートに対し東側の北米プレートがめくれ上がるように衝突してできたと考えられているが、その際に地下深くの岩石が盛り上がってアポイ岳が形成されたという。アポイ岳の東側に幌満という集落があるが、そこから少し奥に入っていくと、かんらん岩が露出しているのを見ることができる。また、様似町役場にはかんらん岩が展示されているし、アポイ山荘ではかんらん岩のペーパーウエイトも売っているので、興味のある人は寄ってみるといいだろう。緑色の重い岩石だ。アポイ岳周辺はジオパークになっており、アポイ山荘には宿泊もできる。

Img_0053

« アンドロメダ銀河 | トップページ | かに星雲 »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/57608682

この記事へのトラックバック一覧です: アポイ岳:

« アンドロメダ銀河 | トップページ | かに星雲 »