2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2017年5月 1日 (月)

厳島神社(桔梗弁天)

 平将門伝説が残る東金市の厳島神社は、桔梗弁天とも呼ばれているが、その名のとおりここには将門の母 桔梗にまつわる伝説がある。この地で将門を生んだ桔梗が、母乳が出ないので困り果て、水神社に祈ったところ、そのかいあって母乳に恵まれたという。水というのは人間が生きていく上で最も重要なものだから、水不足や水害は大変困るわけで、安定的な水源を確保するというのはすべての住民の願いだったろう。もしかしたら、将門か将門ゆかりの人物が、水源確保に貢献したのかもしれない。

Img_0137

2017年4月30日 (日)

デビルズ・ノット

 アメリカ アーカンソー州ウェスト・メンフィスで1993年、男児3人が惨殺されるという猟奇的殺人事件が起きた。警察はまもなく3人の未成年者を逮捕、その後の裁判で1人が死刑、2人が終身刑の判決を受けるが、冤罪であるとの見方も強く、3人は18年収監された後に釈放された。コリン・ファース主演の映画「デビルズ・ノット」は、事件の真相を追うノンフィクション小説を原作とした映画だ。犯人とされた3人は地元の問題児で、オカルトとヘヴィメタルに凝っていたということだが、当時このあたりはその種の趣味が流行していたらしい。警察はずさんな捜査で悪魔崇拝者による犯行と決めつけたが、これは一種の集団ヒステリーだったのかもしれない。私立探偵ロン・ラックス(ファース)は警察の捜査に疑問を持ち、最後に被害者の1人の母親から重要な証拠品を受け取るが、結局事件の真相は解明されずに終わる。

81avttdozl_sl1435_

2017年4月29日 (土)

稲荷神社(将門稲荷)

 平将門伝説が残る東金市の稲荷神社(将門稲荷)は、将門が藤原秀郷・平貞盛軍に敗れたとき、7人の家来が将門の遺骸を背負ってこの地に逃げ、将門をまつったと言われているところだ。将門の首塚は千代田区大手町に、胴塚は坂東市にあるので、もしかしたらここに持ち込まれたのは将門本人の遺骸ではなく、一族や有力家臣の遺骸なのかもしれない。

Img_0131

2017年4月28日 (金)

エリジウム

 マット・デイモン主演の映画「エリジウム」は、ジョディ・フォスターが初めて悪役を演じた映画でもあるそうだ。2154年、世界は一握りの富裕層が住むスペースコロニー「エリジウム」と、大多数の人類が住む荒廃しきった地球とに二分化されていた。前科者のマックス(デイモン)は、ドロイド工場でまじめに働いていたが、事故で多量の放射線を浴び、余命5日と宣告されてしまう。助かるには、エリジウムに侵入し、医療ポッドで治療するしかない。しかし、エリジウムでは、冷酷非情なデラコート防衛庁長官(フォスター)が、ある野望を抱いて地球市民を監視していた。カール・セーガン原作の映画「コンタクト」で天文学者を演じたフォスターとウィリアム・フィクナーが、本作では極悪コンビを組んでいるのがちょっとおもしろい。フォスターの悪役ぶりもなかなか堂に入った演技だ。

91kgiqyjb1l_sl1500_

2017年4月27日 (木)

帝立山妙善寺

 東金市には平将門伝説が残っている。将門の乱を描いた「将門記」によると、将門の本拠地はいまの坂東市周辺なのだが、父 良将(良持とも)が佐倉市にいたという話もあるので、東金市にもなんらかのゆかりがあったのだろう。将門伝説が残る一帯は、御門(みかど)、宮(みや)、殿廻(とのまわり)という地名で、新皇(帝)を名乗った将門にいかにもふさわしい感じだ。このうち帝立山(ていりゅうざん)妙善寺は、この地で生まれた将門が母 桔梗のために建てたと言われている。「桔梗」という名の女性は、よそでは将門の妻として登場するのだが、ここでは母ということになっている。いずれにしても、将門の近くに桔梗という名の女性がいたのはほぼ確実なんだろう。

Img_0128

2017年4月26日 (水)

ロボコップ2

 犯罪都市と化した近未来のデトロイトを舞台に、殉職した警官アレックス・マーフィ(ピーター・ウェラー)がロボコップとして蘇り、犯罪者たちと戦う映画「ロボコップ」シリーズ第2作「ロボコップ2」は、「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」と同じアーヴィン・カーシュナー監督作品だ。デトロイトはヌークという麻薬で汚染され、警察はスト、子どもたちまで強盗を働く無法地帯となってしまった。孤軍奮闘するロボコップだったが、ヌークの工場に踏み込んだところ、ギャング団によってバラバラに解体されてしまう。一方、デトロイトを牛耳るオムニ社は、より強力な新型ロボコップの開発を進めていたが、復活したロボコップが倒したギャング団のボス ケインを殺し、ロボコップ2号として蘇らせる。しかし、ロボコップ2号は悪人の脳を利用したため、殺戮マシンと化してしまう。こうして、正義の味方ロボコップと極悪非道のロボコップ2号との戦いが始まるのだった。

51xyf9xyml

2017年4月25日 (火)

ホンダCRF1000Rアフリカツイン

 世界一過酷なダカール・ラリーは、かつてパリーダカール・ラリー(パリダカ)と呼ばれ、フランスのパリからサハラ砂漠を縦断しセネガルのダカールまで1.2万㎞もの距離を走っていた。この2輪部門で連勝したホンダは1988年、XRV650アフリカツインというレプリカモデルを発表する。アフリカツインはその後排気量が650㏄→750㏄→1000㏄までアップ、オフロードバイクではあるが長距離ツーリングにも適したバイクとなった。このバイクに乗って林道を走ったら最高に楽しいだろうが、シート高が高く、足がつかないかもしれないので、渋滞の多い都内で乗るのは大変そうだ。

Img_0604

2017年4月24日 (月)

ロボコップ

 犯罪都市と化した近未来のデトロイトを舞台に、殉職した警官アレックス・マーフィ(ピーター・ウェラー)がロボコップとして蘇り、犯罪者たちと戦う映画「ロボコップ」シリーズは、1990年前後に3作品が制作された。デトロイトを牛耳る巨大企業オムニ社は、警察をも傘下に置き、ロボット警官の開発を進めていたが、事故により計画は頓挫しかかる。そんな中、市警に赴任したばかりのマーフィ巡査は、凶悪なギャングたちを追い詰めるも、反撃にあって惨殺されてしまう。これを知ったオムニ社は、マーフィの遺体の一部をロボットに移植、ここにロボコップが誕生する。ロボコップはさっそく犯罪者の取り締まりに大活躍するが、マーフィの生前の記憶が断片的に残っていて、これにときどき悩まされてしまう。そして、生前コンビを組んだアン・ルイスの一言をきっかけに記憶を取り戻したロボコップは、自分を殺したギャングとその黒幕の逮捕に向かうのだった。

517g0kvyt4l

2017年4月23日 (日)

ホンダゴールドウイング

 ホンダのフラッグシップモデル ゴールドウイングのラインアップに去年、ブルーメタリックの新色が加わった。ホンダのイメージカラーはレッドなので、ブルーのバイクというのはあまりないが、このゴールドウイングのブルーは実にいい色だ。いつかゴールドウイングに乗りたいと思っているので、それまでこの色は残していてほしいもんだ。

Img_0603

2017年4月22日 (土)

ゾディアック

 1970年頃、サンフランシスコ近郊で発生した連続殺人事件「ゾディアック事件」は、犯人が警察や新聞社に犯行声明を送るなど典型的な劇場型犯罪で、世間を大いに震撼させたが、結局は迷宮入りとなった。デヴィッド・フィンチャー監督の映画「ゾディアック」は、このゾディアック事件を描いた物語だ。主に3人の人物の視点で話が進んでいくが、そのうち2人、警察の捜査官トスキと新聞記者エイヴリーを演じているのがアベンジャーズのハルク(マーク・ラファロ)とアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)だ。しかし、この2人のスーパーヒーローも、本作ではいまいち無力で、事件に翻弄され続け、人生まで狂わされてしまう。最後まで事件を追い続けた新聞社の風刺漫画家グレイスミス(ジェイク・ジレンホール)は、地道な調査で真犯人に迫るが、真犯人とされたアーサー・リー・アレンも病死してしまう。実際のゾディアック事件がどうだったのかわからないが、本作は、警察内部でもっと情報共有をしっかりやっていれば迷宮入りにはならなかったんじゃないかというつくりだ。なお、映画「ダーティーハリー」に登場する連続殺人犯のスコルピオのモデルはこのゾディアックだそうで、本作でもトスキが「ダーティーハリー」鑑賞に出かける場面がある。

61y5ro5xxl_sl1000_

«国立科学博物館⑤