2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2018年8月21日 (火)

「北の国から」ロケ地めぐり①

 富良野市麓郷(ろくごう)といえば倉本聰の人気ドラマ「北の国から」の舞台として有名だ。麓郷には主人公黒板五郎(田中邦衛)家族ら登場人物が住んだ家がいくつか残されていて、観光名所となっている。これは五郎が東京から富良野に戻って住んだ最初の家。厳寒の富良野では凍死しちゃいそうだ。

Img_2104

2018年8月20日 (月)

アンドロメダ・・・

 アメリカの作家マイケル・クライトンのSF小説「アンドロメダ病原体」は、劇場版「スタートレック」の監督ロバート・ワイズと「ブレードランナー」の監督リドリー・スコットによって2度映像化されている。このうちワイズ監督の「アンドロメダ・・・」は、1971年に公開された映画だ。ある日、アメリカの小さな村に人工衛星が落下、酒飲みの老人と赤ん坊を除き全員死んでしまう。政府は4人の科学者を集め真相解明に乗り出すが、調査は難航する。ようやく真相が見えてきたとき、彼らは自ら大きな危機を招いていたことを知るのだった。まあ原作のタイトルから真相は想像がつくかもしれないが、宇宙にはどんな生命体が存在するか、人間にはそれこそ想像がつかないかもしれない。これと逆のパターンだが、H・G・ウェルズの古典的名作「宇宙戦争」では、人類よりはるかに進んだ火星人を倒したのは地球のバクテリアだった。

81ccpxaygyl_sl1500_

2018年8月19日 (日)

ミッション:インポッシブル フォールアウト

 トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル」シリーズ第6作「ミッション:インポッシブル フォールアウト」は、イーサン・ハント率いるIMFのチームが、前作「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」に引き続き謎の多国籍スパイ組織「シンジケート」の残党たちと戦う物語だ。例によってハントに命じられたミッションは、盗まれた3つのプルトニウムの回収。しかし、プルトニウムの受け渡しの現場に謎の組織が現れ、強奪されてしまう。なんとしてもプルトニウムを奪回するよう命じられたハントだが、ハントやIMFをよく思わないCIAは、ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)を監視役につける。というわけで、例によってIMFは実行不可能なミッションに挑むことになる。普通の人間なら何度も死んでいるシーンがてんこ盛りだが、ハントはまさに不死身、あのスーパーマンも敵ではなかった。ラロ・シフリンのテーマ曲も不滅だ。

35971446_1785280454848337_744918601

2018年8月18日 (土)

風のガーデン③

 富良野プリンスホテルにある風のガーデンには、大天使ガブリエルの像がある。なぜこのようなものがあるかは、ドラマを観た人には説明不要だろう。この顔、なんか中井貴一に似てるような・・・

Img_0333

2018年8月17日 (金)

風のガーデン②

 富良野プリンスホテルにある風のガーデンでは、春から秋まで多くの花々が咲いている。ドラマの撮影で使われたメインガーデンでは、450種類以上の花が咲くそうだ。もちろん、ドラマでクローズアップされたカンパニュラも咲いている。グリーンハウス内には撮影に使われたセットも残っている。

Img_0335

2018年8月16日 (木)

風のガーデン①

 富良野プリンスホテルにある風のガーデンは、倉本聰のドラマの舞台ともなったガーデンだ。大雪〜富良野〜十勝を結ぶ街道には8つの大きなガーデンがあり、北海道ガーデン街道と呼ばれている。風のガーデンはもともとゴルフ場だったところを、撮影のため整備したそうで、その後は一般公開されている。

Img_0324

2018年8月15日 (水)

穂別博物館③

 むかわ町穂別地区(旧穂別町)の穂別博物館には、アンモナイトの化石がたくさんある。アンモナイトは古生代シルル紀(4.4〜4.1億年前)から中世代白亜紀(1.4〜0.6億年前)に生息していた生物で、穂別で発見されたアンモナイトは白亜紀後期のものだという。北海道では、穂別のほか、三笠市や夕張市から多くのアンモナイトの化石が見つかっている。

Img_2026

2018年8月14日 (火)

新星座巡礼・夏の星空⑮ やぎ座

 いて座とみずがめ座との間にあるやぎ座は、明るい星はないが、古くからある星座だ。古代バビロニア時代、やぎ座には冬至の日に太陽がくる場所(冬至点)があり、その名残で英語では冬至点のことをやぎ座の名前で呼ぶ。ユーミンの曲にもある「TROPIC OF CAPRICORN」というのがそれだ。ちなみに、現在の冬至点はいて座にある。明るい星がないやぎ座だが、いまは火星が堂々と輝いている。
2018年8月6日撮影 キャノンEOS60Da+キャノンEF24㎜、露出11秒、ケンコープロソフトンA使用

Img_1491

2018年8月13日 (月)

新星座巡礼・夏の星空⑭ てんびん座

 おとめ座とさそり座との間にあるてんびん座は、明るい星はないが、古くからある星座だ。もともとはさそりの爪だったのを独立させたという。ギリシア神話では、正義を計る天秤だそうだ。いまは木星がてんびん座にあり、マイナス2等星として堂々と輝いている。
2018年8月6日撮影 キャノンEOS Kiss X9+キャノンEF-S24㎜、露出12秒、ケンコープロソフトンA使用

Img_0696_2

2018年8月12日 (日)

夏の天の川タイムラプス動画②

 キャノンEOS Kiss X9で夏の天の川のタイムラプス動画を撮影した。木星、土星が写り、大接近中の火星が構図に入ってきたところで曇ってしまった。海岸で撮影したが、街灯によって砂浜が明るく写っている。できあがった動画はこんな感じ
2018年8月6日撮影 キャノンEOS Kiss X9+キャノンEF-S24㎜、露出12秒の写真を319枚合成、ケンコープロソフトンA使用

Img_0971

«夏の天の川タイムラプス動画①